借金をムリして返すのはNG!自分の生活を守るための『債務整理』という選択肢

月々の借金の返済に苦しんているという方は少なくありません。

日本人は、海外に比べばあまり借金をしない民族だと言われていますが、住宅ローンも含めれば日本人で借金している人の割合は「3人に1人」と言われています。

意外に多くの人が借金をしており、その中でも消費者金融にお金を借りている人の割合は、1割ほどなんだとか。

このように、アナタが知らないだけで多くの人が借金で苦しんでおり、月々苦労しながら借金を返済しています。

しかし、度を越した借金の返済は自分を苦しめるだけです!

「借金」は確かに返すべきものですが、自分の人生を棒に振ってまで返すものではありません。

借金の返済で苦しむのは間違っている!アナタの借金で得をしているのは金融機関だけ?

「借りたモノは返さなきゃ……」と責任感が強い人ほど、月々の支払いに苦労しています。

実際に借金の返済のために苦労した人の話を調査してみたところ、以下のような経験を共通して体験していらっしゃいました。

[借金返済あるある]みんなの借金生活の共通点


  • 借金を支払ったら、サイフの中が空っぽに…
  • 借金を払っても、払っても借金の支払いが終わらない…
  • 借金の支払い日前は、お金に余裕があっても緊張する…
  • 借金の支払いが遅れて、消費者金融から電話がかかってきた。など……

アナタも思わず「あるある」と頷いてしまったネタがあったのではないのでしょうか?

まぁ、このあるあるネタは序の口で、「借金がきっかけで生きることをやめたく思った」という、おどろおどろしい「あるあるネタ」を経験された方も少なくありません。

確かにお金を借りた以上、返すのが筋かも知れません。

だからと言って、命を落としたり、自分の生活を借金のせいで苦しめられたりするのは、間違っています。

なぜなら、アナタにお金を貸している消費者金融にしろ、銀行にしろアナタが苦しめば苦しむほど儲かる仕組みになっているからです。




銀行も消費者金融も損をしない!借りた人だけが損をする借金の仕組み

銀行も、消費者金融もアナタが返済で苦しめば、苦しむほど得をします。

というか、金融機関はお金を貸せば貸すほど儲かるし、そもそもお金を貸す仕組みは金融機関側がぜったいに損をしない仕組みになっているからなんです。

まず金融機関がアナタに貸すお金は、いろんな人が銀行に預けた「預金」です。

消費者金融の場合は、自己資金だったり、銀行からの借り入れだったりしますが、基本的に彼らがアナタに貸すお金は、<他の人のお金>です。

そして<他の人のお金>を銀行はアナタに「金利」をつけて、貸し付けます。

Aさん Bさん Cさん

<預金>

銀行

<預金>

お金を借りたい人

<元金+金利(預金)>

銀行

この時点でお分かり頂けるかと思いますが、金融機関はお金を右から左に流しているだけで、自分は一切損をしていません。

しかも、他の人から集めたお金を金利をつけて、アナタに貸付しているため、お金を右から左に流しているだけなのにも関わらず、“利益”を得ています。

アナタが毎日のように汗水たらして働き、生活を切り詰めて借金を返済しているのにも関わらず、銀行(消費者金融も)はエアコンの効いた部屋で、お金を右から左に流すだけで、アナタの年収の数十倍ものお金を稼いでいるのです。

この事実を知ったら、借金返済のためにあれこれ苦労するのって、本当にバカバカしいと思いませんか?

場合によっては借金を無かったことに?自分を守る『債務整理』という選択肢

ハッキリ言って、銀行や消費者金融に言われるがまま、毎月真面目に借金を返済するのは間違っています。

借金の返済で苦しんでいるのであれば――どうせ金融機関は損をしないのだから――その借金を「減額」したり、「利息の支払いゼロ」にしたり、「借金をゼロ」にしたりすればいいじゃないですか!

「そんな方法があるわけない……」と諦めないでください。

過払い金の返金請求と同じく、借金もプロを間に挟むことで、返済を楽にすることができるのです!

『債務整理』は借主の権利です。プロに依頼すれば借金が“0”になる場合も……

『債務整理』とは銀行や消費者金融に対して行うことが出来る借主の権利です。

債務整理を行うことで、借金を減額出来たり、将来の利息の支払いをなくしたり、借金をなかったことにする<自己破産>が出来るようになります。

一口に『債務整理』と言いますが、実は債務整理には5つの異なる方法があります。

1.過払い金請求

正確には債務整理ではありませんが、借金の返済で長年苦労している人の中には、借金を必要以上に支払ってしまっている“過払い”がある場合が少なくありません。

債務整理を行う際には、この「過払い金請求」も一緒に行うことが出来る場合があるので、参考にしてください。

ひとくちコラム(1)]過払い金請求で平均82万円が返って来ています!


すでに支払い終わった借金であっても、過払い金請求をすれば、利息を払いすぎたお金が返ってきます。

平均82万円ものお金が過払い金請求で返ってきているので、アナタも過払い金請求をしたら、80万円以上のお金が返ってくるかも?




2.個人再生

個人再生とは借金が多すぎて、借金を支払うのが困難だと言う人のための1つの方法です。

車やマイホームなどの資産を残しつつ、借金を減額させることが可能です。

ひとくちコラム(2)]個人再生で思った以上に減額できる場合も!


個人再生を行うことで、支払うべき借金の額が大幅に減額されることが少なくありません。

800万円もの借金があったのに、個人再生を多なった結果500万円のみの返済で済むようになった……など、個人再生を行うことで自己破産せず、アナタの借金を大きく減額することが出来るかもしれません!

3.任意整理

将来の金利の支払いをゼロにする方法です。

毎月支払いを行っているのにも関わらず、借金の残金が減っていかない人には、コチラの方法がオススメです。

ひとくちコラム(3)]利息が減れば、借金の返済がスムーズに!


金融機関では「利息だけ」の返済に対応しています。これは元金を減らさせず、利息だけを延々と返済させる”悪魔のシステム”です。

銀行のこの悪魔のシステムのせいで、毎月きちんと支払いをしても、借金がぜんぜんなくならないという問題が発生しています!

しかし、将来の利息を支払う必要がなければ、利息だけの支払いはなくなり、借金の元金を直接的に減らすことが可能に。

利息がなくなることで、借金がどんどん減っていくので、今よりずっと返済が楽になりますよ!

4.特定調停

任意整理とほぼ同じ内容です。

サラ金や商工ローン業者からの借金で悩んでいる場合は、任意整理ではなく、特定調停を行う場合があります。

5.自己破産

借金返済の最終手段です。

借金はゼロ――つまり、チャラになりますが、自分が購入した住宅や車など、資産が競売にかけられるため、こちらが負うダメージも少なくありません。

ただ、今ある借金が全て帳消しになるのは、人によっては魅力的に写るハズ。

借金をどれくらい減らせる?『債務整理シミュレーター』でアナタの債務整理を調べよう!

「もしかしたら、自分の借金も大幅に減らせるかもしれない……」

そんな風に借金の返済に対して希望が見えてきたら、『オンライン減額診断』で、無料でどれくらい自分の借金が減額されるか調べてみませんか?

この『オンライン減額診断』を試したら、アナタの借金が100万円単位で減額されることになったら、どうします?